スポンサーリンク

【ウーブン・シティ】トヨタのSF的実験都市に住めるのはいつから?場所と条件を調べてみました

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ウーブン・シティ】トヨタが発表した実験都市の動画

トヨタが発表した実験都市「ウォーブン・シティ」の動画がツイッターで話題です。
2019年モーターショーで発表された世界を実際に作ってしまう計画です。

名称はウーブン・シティ(Woven City)」
Wovenとは、「織る」という意味。

「ネットや最新テクノロジーが網の目のように織り込んだ街」
という意味になります。

てら1くん
てら1くん

何もかもが最新でかっこいい!
めちゃめちゃここに住みたいなー!

てら2くん
てら2くん

スターウォーズの世界みたい!
  かっこよすぎる〜!
   ぼくも住みたい!住みたい!

【ウーブン・シティ】まもなく着工。住めるのはいつから?2021年からという噂も

発表会に同席した関係者の話によると、
2021年からウーブン・シティへの入居が開始するという噂でしたが…..
広報に確認すると、入居など実質的に動き出すのはもっと先、
5年後の2026年くらいのようです。

てら1くん
てら1くん

5年後なら僕高校卒業だから、
  トヨタに就職して行こうかな〜

てらママ
てらママ

それならまずは勉強して有名大学行きなさい。
   トヨタに入ることが難しいのよ!

【ウーブン・シティ】場所と住める人の条件を調べてみました

ウォーブン・シティは、実際に人が住む環境の中で、
モビリティに関するさまざまな最新実験をするための施設ということで、
いつ頃誰が住めるのかが気になりますね。

とりあえず、初期はトヨタの従業員や関係者など2,000人が住む予定

街には「Woven City」(ウーブン・シティ)という愛称も付ける。初期はトヨタの従業員やプロジェクトの関係者など2000人程度が暮らす予定だ。住民は、室内用ロボットなどの新技術を利用できる他、センサーが取得した体調のデータをAIで分析し、健康状態を管理できる。

引用:https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2001/07/news080.html


トヨタはこの事業をパナソニックと協力して進めていることが分かりました。

おそらく、次に入居できるのは協力会社の関係者になると予想されます。

政治のスピードが遅いので、民間企業であるトヨタが私有地(会社所有地)に、自由に運転実験ができる、人の住む街を作ってしまった。

SFばりの世の中が実現するための貴重な一歩になりそうですね。
そのうちに、
映画「スターウォーズ」や、「フィフス・エレメント」的に、
空を飛ぶ自動車もいつか実用化されるかもしれませんね。

フィフス・エレメント


第4時産業革命と言われる、AIやロボットによる
モビリティ革命

時代が大きく動きそうです

コメント

  1. […] […]

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました