武漢市の医師、おむつ着用。トイレに行く時間がないし、防護服がダメになったら命の保証はない。

ニュース

中国の新型コロナウィルスに対応する医師が、
防護服の替えも時間も無いのでトイレにも行けないとニュースでやっていました。

「トイレに行く時間がないし、防護服を脱ぐには時間がかかりすぎる。
だから大人用のおむつをはいている。」

「替えの防護服が支給されるかは分からない。医療用マスクやゴーグルも不足している。」
「着用している防護服がダメになったら命の保証はない。」

「自分も感染しているかもしれない。このままでは自分がやられる。」

「無力感と孤独を感じる。もう限界。」

中国政府の発表は全くのデタラメ。実際の感染者数は想像を絶するほど多いはず。

「ベッドが足りない。患者が溢れている。」

「助けて。もう耐えられない。」

「絶望。これ以上どうしろというのか。」

「政府の対応には不満。」

患者を助けるという使命を全うする一方で、自分の身を守るために大人用おむつを着用し、
精神的にも肉体的にもギリギリの状態で闘っている医療関係者、

生きるか死ぬかという過酷な状況の中
逃げ出さず使命を全うする、(というか、逃げ出したところでどうしようもないと思っている)

使命のために限界を超えて戦っている医師の皆さん
本当に尊敬です。

昼夜問わず働いている、病院スタッフ全員勲章ものですね

スポンサーリンク

当初、新型コロナウイルスを指摘していた医師は逮捕されている

中国では、デマ流布で何人もの医師や一般人が逮捕されています
情報を操作しようとして、本当のことを隠蔽することが当たり前に行われているのだとか。

インターネットやSNS上に、コロナウイルスの情報を個人がアップするたびに、それが「消去される」というイタチごっこが続いている。

この一週間で情報がババーーンと出てきましたが、
ほんとうにこの病気は感染力が強そうなので
手洗い、うがいは気をつけたほうがよさそうですね

武漢市民は、「診察さえしてもらえない」「病院は感染の温床」 医師は「すでに限界超え」

日本時間27日18時の時点で感染者数は2801人、死者数は80人と発表している。しかし『South China Morning Post』では「公式発表の数は氷山の一角。武漢市での感染が爆発的に増えている」と伝えた。

「市内では多くの人が死んでいくわ。病院の廊下で亡くなっている人もいたほど。それでも誰も遺体を動かそうとはしない。みんな疲れ切っているのよ。」

新病院が早く稼働して、寝る場所だけでも確保できるようになるといいですね

日本の感染が増えないように、手洗い、うがいを徹底しましょう!

マスクが売り切れていますが、
とにかく手洗い、うがいに気をつけて、感染しないように、気をつけましょう!
外出先からの帰宅時、つり革や様々な場所でウィルスを拾ってしまうことが考えられるので
とにかく手洗いに気をつけましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました