東京都のベビーシッターが格安!?1時間150円を利用したら…保育園落ちたら税金爆死。ネット「ヤクザのやり口や…」

スポンサーリンク
生活

「東京都のベビーシッター1時間150円を利用すると翌年税金爆死が待っている件」がTwitterのトレンド入りしています。


なんでも、保育園の入園にもれた人は、ベビーシッター制度を利用でき、その料金が1時間150円と格安なのだけど、
…..ほとんどの人が見逃している「東京都からの助成が所得になる」という制度で
確定申告で所得税や翌年度の住民税が爆上げなのだとか!

後出しジャンケンのような「後から税徴収の罠」に、Twitterでは「ヤクザのやり口や…」という意見が多数。

どういうことか調べてみました

150円/と実際の「民間」のシッター料の差額が助成される。 たとえば、1時間2000円のシッターさんを8時間お願いすると、本来は1日16,000円。しかしこの制度で1日1,200円でシッターさんを利用して働くことができる。なにこれ、すごい!と、おもいきや

じつは、助成された差額は、「あなたの年収(雑収入)」として計算される。 と、言われてもピンとこないかもですが
Twitterより

スポンサーリンク

助成した分が所得にみなされて確定申告する必要がある!?

助成した分が所得にみなされて確定申告する必要があるそうです。

お子さんが保育所等に入所できるまでの間、保育所等の代わりとして、東京都の認定を受けた
認可外のベビーシッター事業者を1時間150円(税込)で利用できる事業です。
「東京都のベビーシッター利用支援事業を使いたい」旨をお伝えください。

助成金が出るので保育料金は格安の150円/時!格安じゃん!!と一瞬思います。

…ただし、注意書きをよく見ると、普通の人が見落としてしまいそうな小さな字で、とても重大な情報が書かれています

この事業では、各認定事業者が1時間当たり2,400円(税込)を上限に定めた利用料と、利用者
負担額(1時間当たり150円(税込))との差額を、東京都及び区市町村が公費で負担し、認定事業者に支払います。
東京都及び区市町村が公費で負担した額(助成額)は、利用者にとって、所得税法上の「雑所得」となり、その他の給与所得以外の所得金額との合計額によって、後日、所得税等が課税されることがあります。

ええー?
ちょっとよくわからないんですけど、
助成した分が所得にみなされて確定申告する必要があるとか。びっくりですね。

追加料金モデルケース(派遣で週4、時給1700円勤務の場合の収支)

時短で働く出ている女性を想定して、調べて見ました。
派遣で働いていると仮定、週4勤務で時給1700円(交通費込み)

年収200万程になります

週に4回利用で、働いている時間は昼休み抜くと7時間ですが、会社にいる時間は8時間
通勤があるので、前後に+1時間として、1日の利用時間は10時間になります。

月のベビーシッター利用時間は10×17日=170時間

東京都のパンフレットによると、
この制度を利用した場合に月に52,300円/月追加の税金がかかることになるそうです。
さらに利用料金が150円×170時間で、25,500円

なので、実質利用料金が、77800円/月かかっているってことになりますね。

格安でベビーシッターを利用できると思ったら
!?

びっくりなんですが!?

長期休暇があるので、多少変わると思いますが、
ざっくりですが、年間で90万円程度のコストがかかることになります。

ってことは、ちょっと仕事に復帰しようかなと
年収200万で、90万円保育料を払って、保険料払って
交通費を払って、税金を払って、仕事をしていること女性の本当の手取り
いくらなのでしょうか….

年金や健康保険も上がるので、かなりの支出が増えてしまいます

HP

Twitter の反応

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました