【型破りな大志】鳥取市用瀬町の旧マスク工場で生産開始したのはどの会社でどこで買える?予約はできるの?

スポンサーリンク
マスク

連日マスク不足、マスクを作る資材もない..との報道ばかりでしたが、昨晩朗報が!

新型コロナウイルスの感染拡大に伴うマスク不足を少しでも解消しようと、鳥取市で中古農機具などを取り扱う会社が、倉庫として使っているかつてのマスク工場を活用し、生産に乗り出すことになったそうです。

マスクの生産を始めるのは、鳥取市の会社「大志」

マスクの生産を始めるのは、鳥取市で中古農機具の整備や販売などを手がける会社「大志」

新型コロナウイルスの感染拡大に伴うマスク不足を少しでも解消しようと、鳥取市で中古農機具などを取り扱う会社が、倉庫として使っているかつてのマスク工場を活用し、生産に乗り出すことになりました。

マスクの生産を始めるのは、鳥取市で中古農機具の整備や販売などを手がける会社「大志」です。
この会社は、倉庫として利用するため、3年前に鳥取市用瀬町のマスク工場だった建物を取得しましたが、感染症の拡大に備えてマスクの生産設備や、原料などを保管していたということです。
会社では今週中にも本格的に生産ラインを稼働させ、1日あたり最大10万枚のマスクの供給を目指すとしています。
また生産したマスクは、鳥取市やその周辺の地域に優先的に供給する方針で、鳥取市も、物流に必要な費用を補助するなど支援を行うことにしています。
谷口健二社長は「工場を取得した際に前のオーナーから『大規模な感染症は、10年ほどの周期で発生する』と言われ、もしものために一応、設備を保管していた。まさかこんなことになるとは思わなかったが、地元の人たちを感染症から守りたい」と話しています。

NHKオンライン

工場を取得した際に前のオーナーから『大規模な感染症は、10年ほどの周期で発生する』と言われ、もしものために一応、設備を保管していたそうです

もしものために一応、設備を保管していた。まさかこんなことになるとは思わなかったが、地元の人たちを感染症から守りたい」と話していることから

生産したマスクは、鳥取市やその周辺の地域に優先的に供給する方針
鳥取市も、物流に必要な費用を補助するなど支援を行うことにしているそうです

有限会社 大志ってどんな会社?

有限会社 大志は谷口健二さんが社長、農耕器具や電気圧力鍋を販売する従業員12名の会社

中古農機具の販売・買取専門店を運営
家電事業部修理、TAISHIブランド電気圧力鍋販の会社だそうです。

2017年11月家電事業部倉庫を開設..とありますが、
この時に取得した倉庫が、今回の「旧マスク工場」なのではないでしょうか

TAISHIは、型破りな会社です

商品を開発するにあたり、当たり前の発想は当たり前に考えることが出来る。
その為、我が社では、非常識を常識にする考えで物事に取り組むよう心がけています。
TAISHIオリジナルブランドを立ち上げた今、
皆様にあっ!と驚く商品をこれからも提供できれば、幸いです。

公式HP

HPの「TAISHIは、型破りな会社です。」言葉通り、全国に明るい話題をもたらす型破りな会社です!

世間の反応

すごいな地元ヒーローになるね: 「倉庫として利用するため、3年前に鳥取市用瀬のマスク工場だった建物を取得しましたが、感染症拡大に備えてマスクの生産設備や、原料などを保管していた

twitter

大志のマスクはどこで買える?予約はできるの?

生産したマスクは、鳥取市やその周辺の地域に優先的に供給する方針
鳥取市も、物流に必要な費用を補助するなど支援を行うことにしているそうです

今週中にも本格的に生産ラインを稼働させ、1日あたり最大10万枚のマスクの供給を目指すと言われていますが、地域貢献

一般発売はしないのではないでしょうか?

医療用マスクの在庫も全国的に尽きて来ています

大志のマスクはもともと一枚300円の高性能、高級品です
品質的には間違いのないものですので、

生命に関わるお仕事をされている人
深刻な病状の人へもいち早くマスクが届けられるのを願っています

マスクの在庫は楽天でもまだあります

楽天でも、まだ在庫のあるマスクが購入できます。
必要な人はこちらで購入すると良いかも。





コメント

  1. […] […]

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました