江戸時代の本物も!?水木しげるの「アマビエ」はどこで見れる?疫病退散神頼み..いや妖怪頼みで新型コロナウイルス終息祈願

スポンサーリンク
国内旅行

江戸時代に疫病の流行を予言し、さらに病気が流行した際には自身の姿を描き写して人々に見せるよう告げ、姿を消したといわれる予言獣「アマビエ」が話題です。

妖怪といえば、私が真っ先に思い出すのは「ゲゲゲの鬼太郎」ですが、新型コロナウイルスの感染拡大が続く中「ゲゲゲの鬼太郎」にも出演したことがある「アマビエ」という妖怪が新型コロナウイルス終息祈願として、今TwitterをはじめとするSNSで話題になっています。

なんでも、江戸時代の瓦版でも公開されている、歴史に残る本物の妖怪頼み!なのだとか

さらに水木しげるさんが描いた「アマビエ」が神々しいとSNSで人気絶大!

「アマビエ」は、どんな妖怪なのか?
京都大が江戸時代の瓦版を公開、本物なの?と疑う人も
水木しげるさんが描いた「アマビエ」はどこでみれるのか?


調べてみました

「アマビエ」は、どんな妖怪なのか?


江戸時代に疫病の流行を予言し、さらに病気が流行した際には自身の姿を描き写して人々に見せるよう告げ、姿を消したといわれる予言獣「アマビエ」

アマビエは、江戸末期の弘化3(1846)年、肥後(現在の熊本県)に現れたとされる妖怪。京都大所蔵の江戸時代の瓦版によると、同年4月中旬、肥後の海中に光るものが毎晩のように出現。役人が向かうとアマビエがおり、今後6年の豊穣(ほうじょう)を予言し、「もし疫病が流行したら、私の絵を描いて皆に見せよ」と言い残したという。瓦版に描かれた姿は、地面に着くほどの長髪で、体は人魚のようにうろこで覆われ、くちばしがあり、足は3本ある。

西日本新聞

京都大が江戸時代の瓦版を公開、本物なの?と疑う人も

京都大付属図書館が6日、瓦版の画像を添付してツイート

絵柄があまりにポップで現代風なことから、一時はガセなのでは?という情報も出たのですが、正真正銘の江戸時代の瓦版が貯蔵されていたそうです


妖怪が病気の流行を予言し、その絵姿を見ることで流行病から逃れることができるという話は、江戸時代にはたびたび見られたそうです。

江戸時代の「アマビエ」兵庫県立歴史博物館で展示予定

江戸時代の「アマビエ」は兵庫県立歴史博物館で展示予定になっています。

2020年4月25日から開催される予定の特別展「驚異と怪異―モンスターたちは告げる―」で展示予定だそうです。最古の「アマビエチャレンジ」一般公開されるので注目度が高いですね

水木しげるさんが描いた「アマビエ」はどこでみれるのか?

水木しげるさんの功績を紹介する境港市の「水木しげる記念館」には、漫画「ゲゲゲの鬼太郎」にも登場するアマビエの絵が展示されていて、新型コロナウイルスの影響で、施設を訪れる観光客が減少する中でも、絵をひと目見ようと訪れる人が増えているそうです

水木しげる記念館の場所はどこ?

↓鳥取境港市の水木しげる記念館の場所はどこかの詳細はこちらで

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました