スポンサーリンク

沖縄の10代女性が休校期間中にスペインへ旅行。検査結果を待たずに帰宅したのはなぜ?帰国後新型コロナ陽性判明

スポンサーリンク
話題

沖縄の10代女性が新型コロナ感染したことを発表しました。

この10代の女性は、中高生とのころ。
通学する学校が感染拡大を防止する目的で臨時休校となった期間に家族や親戚6人でスペインを旅行していたそうです。

ヨーロッパで感染が拡大している新型コロナウイルス 。空港でPCR検査をしたのにも関わらず結果が判明するまえに沖縄へ帰った後、陽性が判明しました。


うわーーこれ、かなりひんしゅくですよね…

もう3月13日って、全国休校始まって二週間くらい経ってますよね。
最初から予定してた旅行なのか、休みが決まってから計画した旅行なのかが気になりますが…一般的に、中学校、高校の卒業式が2月末〜3月頭なので、推薦枠とかで入試が決まっていて、もしかしたら卒業旅行だったかもしれないし…どうなんでしょうか?

私も本当なら4月頭に韓国旅行行く予定だったのを諦めたけど
こうやって、渡航して(特に学生は自粛中)羅漢してしまうと、かなり晒し者になるので、かわいそうですが….明日は我が身で気をつけなくっちゃですね

検査結果待たずに帰宅したのはなぜ?

スポンサーリンク

沖縄の10代女性が休校期間中にスペインへ旅行

3月13日からの日程でスペインを旅行。20日午前9時半に成田空港へ帰国した際にコロナウイルスの検査を受け、結果が判明するまで同空港内に待機するよう要請された。ただ、女性らは、検査結果を待たずに羽田空港を経て沖縄に戻ったそうです

「臨時休校はコロナウイルスの感染拡大を防止するため。人の集まる場所を避けて基本的には自宅で過ごすように指導していた。臨時休校の趣旨について理解が足りないことがあったのは、非常に残念」と語った。



羽田空港から那覇空港間での濃厚接触者は、10代女性と一緒にいた家族や親せきの5人と別の家族1人、合計6人。


10代女性の搭乗した便名は非公開になっています。

検査結果を待たずに帰宅したのはなぜ?

3月20日午前9時30分成田空港に到着し、家族全員が検査を受けましたが全員、せきや発熱その他の違和感など症状が無かったためか国の要請を無視し沖縄へ帰ります。

10代女性だけ感染していたことが判明したのは、沖縄に帰った翌日の3月20日の午後11時ごろです。


10代女性はどうやら無症状感染者ということですので、新型コロナウイルスを保菌していることになります。

自分が熱など自覚症状もなく、また国内線乗り継ぎの飛行機に間に合わないと急いで帰ってしまったようです。

検査結果が判明したのは20日午後11時ごろで、要請に従えば一行は空港内の指定スペースでほぼ1日待機しなければならず、乗り継ぎ便をキャンセルする必要があった。

 航空便変更や宿泊費用は自腹で、さらに検査で陰性でも、2週間、自宅などでの待機が必要となる。公共交通機関を使わなければ帰宅できない今回のような事例は、2週間分の宿泊費用も自腹で負担しなければならない可能性もあった。

 砂川部長はこうした事情を踏まえ「要請に応じなかったことへの見解は難しい」と言葉を選びつつ「他人に感染させない観点から協力はしてほしかった」と述べた。

沖縄タイムズ



帰宅後検疫所などから沖縄県に無症状感染者の報告があったため、今回のように大騒ぎになったようです。

症状のない感染者から他の人へ感染が拡大している可能性があると、言われていますから、かなり無責任ですね…

でも、自分も無自覚の感染者の可能性があるので気をつけないと行けませんね

要請を無視し沖縄県に帰宅した理由は、症状が無かったからだと考えます。
国内線で乗り継ぎした便名など非公開ですから、わかりませんが、今後、家族が利用した便に乗り合わせた人などには、国の機関などから連絡がくると思います。

症状がなくても感染している場合もありますから、行動は慎重に行ったほうがいいですね。

いつになったら安心して海外旅行に行けるのか..

私はマイレージをたくさん保有しているので、期限が切れないか心配です

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました