どうやって?30万円の現金給付をもらう方法や条件と、手続きの仕方。新型コロナ経済対策金

スポンサーリンク
新型コロナウイルス

新型コロナウイルス感染拡大による経済的な損失が日に日に大きくなってきますね。安倍政権は、「大規模な、これまでにない経済政策を行います!」と言っていましたが、なかなか具体的な発表がなくて「一体どうなるの?いつ給付なの?」と気になっていましたが、4月3日に「1世帯30万円給付」の速報が!

どうやって?30万円の現金給付をもらう方法や条件と、手続き方法。新型コロナ対策金の給付はいつ?

調べてみました

スポンサーリンク

30万円の現金給付をもらう方法や条件

支給の対象は住民税非課税世帯。加えて、一定の所得制限を定め、収入が5割程度下がるなど急減した世帯についても対象とする方向なのだとか。

…!?


これ、一生懸命働いている
私たちの家庭には配られないってことですか!?

子供を預けるのにお金がかかり

職場を休んでは、周りに迷惑そうな顔をされ
すみませんと頭を下げて
泣く泣く自宅で留守番させている…

ベビーシッター頼んで莫大な料金を払ったりしている頑張っている現役世帯には支給がないってことですよね…

確かに、共働きしてるんで、
お金は住民税を払う以上ありますけど…

うちはたまたまもう小学生で留守番もできるけど
毎日引きこもってゲーム、仕事中も兄妹喧嘩で何度も電話かかってきて
イライラするし

休みの間の飲食で出費は増えるし、痛みは大きいですよ…


今回30万円の助成金をもらうことができる対象になるのは….まとめると

・生活保護受給者
・年収125万以下
・所得が5割以下になった世帯

住民税非課税世帯って多くが、年金受給者も含まれているので
ほんとうに今新型コロナウイルス流行で困っている一生懸命働いている世帯は対象外….

最初は経済対策のためという意味もある…と言っていたのに、
いつの間にか、意味が変わってしまっているのが気になりますね

住民税非課税世帯の中に、体を壊して仕事ができない
働きたくても新しい仕事が見つからず貧困…

そういう方が一定数いらっしゃるのはなんとかしてあげたいと思うんですが、

…年金受給世帯は?

これ、コロナの影響全く受けてないですよね?

むしろ、自粛で出歩かなくなって今までより出費が減るのでは…

30万円の現金給付もらえるのはいつ?

支給を始める時期についてはまだ詳細が発表されていないのですが
「スピード感が大事だと強く申し上げた。政府は迅速に支給する点も勘案しながら、今後調整する」とのこと。

5月末ごろには給付が始まりそうな様子ですね

一律現金給付と比べたら、審査にかなり時間がかかりそう…

30万円の現金給付をもらうための手続き方法。

対象者が自ら申請する自己申告制だそうです

もらった給付金の30万円は非課税

保険もかからないのでまるっと収入になると考えると
かなり大きいですよね

申請の際には所得が減少したことを示す資料が必要なのだとか

自己申告なので、
不正受給の温床となると言われています。

正直、ちょうど離職を考えていたような人も
ハローワークでもらえる失業保険に、プラスして30万もらえちゃうわけですね…

悪知恵の働く人が
ホームレスの人なんかを使って、貧困ビジネス的に支給を促すとか、

国民年金受給者も、
高齢者が1人世帯とかだと、給付されそうなので
詐欺も増えそう…

世間の反応

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

error:Content is protected !!