『テセウスの船』で田村心(竹内涼真)がハーモニカで吹いていた曲は昭和の名曲。

スポンサーリンク
芸能

日曜劇場『テセウスの船』が今日から始まりました。
あっと息を呑む雪景色の中
始まったドラマは、絵的にも、こころにぐっと訴えかけるものがあります。

主人公田村心(竹内涼真)は
犯罪者の子供として、つらい過去や思いをかかえながら
生きて来た青年。
ふとしたきっかけで、タイムワープして
過去の世界に行くことになるのですが….


ドラマでは一貫して、家族の絆について、
いろいろな登場人物が、自分の思いを語ります

登場人物の声が、心に響きます

田村心(竹内涼真)がハーモニカで吹いていた曲は昭和の名曲

田村心(竹内涼真)が、
ドラマの中でハーモニカを吹くシーンがありますが
ハーモニカで吹いていた曲がなんの曲なのか、
最初わかりませんでした。
ここから少々ネタバレなのですが…

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました